男尊社会やめて皆がラクに生きられる道

無理に尊ばれようとするから無理がある社会になるので無理するのをやめないかと思って…あと来世で男に生まれたときに女を加害したくないし

レディースデーって女尊男卑じゃないよね…

(ちょい前に書いた話とダブる内容だが)



女が尊ばれて

男が卑しめられてないと、

女尊男卑って言わないよね?


まず
レディースデーという
割り引きサービスにおいて
誰も「卑しめられて」ないんだから

少なくとも男卑ではない。

男であるからという理由で
割高な代金を請求されるとか
そういう不当なことは
起きていない。




では
女が尊ばれているかというと
 
企業のカモにされているだけだし

経営者や役職持ちは
ほとんどが男性なんだから、
実質、男性にカモられている。

女性がカモられて
大きい幅で潤っているのは
その経営者や役職持ち。
(ボーナスの額とか考えれば。)


だからどちらかといえばこの
レディースデーという制度は
男尊女卑社会を
映し出している事例なのではないかと
わたくしは思うのです…





男尊女卑の社会では
女が全体的に見て貧しい方に分類される、

その貧しさの中でさらに
強者男性からカモられる、

これが事実だと思う。


なんか、貧しいと、安さにつられて
引き寄せられちゃうじゃん。

得した気分を味わいたくて、
そんなにいらなくても
それを選んで購入しちゃうじゃん。


そういう貧しさに付け入れられているのが
レディースデーだと思うわ。

得してるように見えて
実質は企業(強者男性)のカモ。

うらやましいのか?この
貧しさに付け込まれている身分が。




もし羨ましいなら、

メンズデーを作るように
強者男性に持ちかけるべき。

気が向いたら作ってくれるだろう。

女の方が勝手にカモの群になるから
同じ労力で
高い効果が出せるが。

何かの割り引きサービスを
既に一つ作ってある企業なら
それは流用がきくので
意外と簡単に作ってくれそうだ。

掛け合うならそういう所からで。


レディースデーは女尊男卑だ、という
(言葉も間違った)主張をするだけより
よっぽど実現は早まるだろう。

目的を達成するなら
手段は正しく選びたい。




そういうわけでまとめ。

レディースデーは女尊男卑ではない。
言葉の意味を考えても正しくない。


一見すると割引によって
優遇されているのだが…
それはトリックのようなもので
よく観察すれば貧乏人が
カモられているだけと分かる。

そんな僅かな割り引きをされたくらいで
社会的な地位が向上するわけで無し。

長者番付はほとんど男性ばかりだ。
それが現実だ。




どうしても羨ましければ強者男性に
メンズデーを作ってもらうための
アクションをとること。

そこには「レディースデーは女尊男卑だ」
と喚くことは含まれないので注意。



 
補足

女が少しでも得をするのが許せないから
言いがかりを付けている場合には
「女が得をするのは許せない」
と正確に主張をすること。

男尊女卑社会でも
女尊男卑社会でも
あなたは女性が得することを許さない。

現実がどういう性差別社会か?は
あなたの主張と関係がない。




女だけが僅かでも得をするのが悔しいなら、
男も得をするように制度を代えていくべき。

制度を作ったり代えたりしているのは
強者男性なので、
間違えて女を叩くのではなく
強者男性に持ち掛けること。



もっとも、
個人的に一番いいと思うのは(理想は)
サービスデーがあるような類の店舗において

値段を見なくてもお会計が怖くないような
充分な収入を得ることだよ!!

貧しい人がカモにされながら
金を失っているのを妬む、という
訳の分からん人生は終わりにすべきだろう。

だって辛いでしょ。

それよりも、
サービスデーを見て
「貧しい人達がちょっとでも
お得な思いを味わえて
良かった」

とか思って生きる方が絶対
精神衛生上、良いって!

人間の真の幸せは、
そこで止まらないけど。

それは話が長くなるので。


おしまい。