男尊社会やめて皆がラクに生きられる道

無理に尊ばれようとするから無理がある社会になるので無理するのをやめないかと思って…あと来世で男に生まれたときに女を加害したくないし

弱い男性を守るキャンペーンはどう作ればいいのかね?

女性を守ろうとする動きに対して
めちゃめちゃ噛みつく男達がいる。

いるじゃんね?

どうして邪魔するの?
迷惑なんだけど。

と思うアレね。

で、

なぜ女性が守られようとするのが
そんなに許せないのか?
と考えたら
きっと彼らは弱いからだ、と気付いた。
 
だってもし強くて余裕のある男性だったら
自分より弱くて被害に遭いやすい女性達を
機会があれば「守ろう」と考えるのは
自然な感情でしょう。

ついでに守った事がきっかけで
恋が始まるかも知れんし~(*^_^*


てか、
自分より明らかに弱い赤ちゃんやペットは
守りたい(命が続いて欲しい)と
自然に感じるし。
(そう感じない人もたまにいると思うけど。)





でも
自分より弱いと思わない相手のことは
別に「守ろう」と思わないよね。

ということはやはり強くはないのである。

むしろ横並びっぽいので
ついでに守るのがいいと思う。


だって(二回目)もし
横並びの強さ(というか弱さ)なのに、 

性別によって
・守られる性別

・守られない性別
があったら、

・守られない性別
の方に分類された群は
「不平等ダーっっ」
「性差別ダーっっ」

ってなるわな…。

これだわ。
とうとう理解したは。


なぜ強い立場に属しているはずの群れが
必死に被害者アピールするのか、
物凄い謎だったが
ようやく分かったは。

実際はどうしても
体格(身長やら筋力やら)とか
声の攻撃力とかが
女性より強いから、

平均値で見れば
物理的には確実に強いんだけど、
(相撲取りみたいな体格の強い女性は
ここでは例外とする。平均値でみる。)

心理的には
男性の群の中では弱者(底辺)だから、
「弱者なのに救済されない」
という不満があるのだろう。

(またはカアチャンなど家族が嫌な奴で
いじめられて育った家庭環境だったか?
そこで弱者(子供)なのに守られない!
という強い怒りを感じて、
それがそのままくすぶっているのかも?

アダルトチルドレンとか
機能不全家族に特化している
カウンセラーおすすめだよ)





これは…
ついでに守るのが良いだろうとは考えたが

女性を守ろうとするのと
一括りにはならないよな、

(特に性犯罪にあったり
性犯罪で妊娠したりすることによる
肉体的社会的ダメージなどの長さ、
ただでさえ悪条件なのに
そこへのしかかる経済的な負担等が
男性にはほとんど起こらない)

でも
重なる部分は救済されて良いね?
(経済的な救済措置は要るし、
暴行からは当然守られるべき)
 

ただ、世の中のルールというのは
男性が作ったのを
現在使っているから、

女性を叩いて邪魔するのではなく
一丸となって強者男性に立ち向かわないと
男性社会のルールが
変えられないんだけどね…。


現在は、
弱い方の女性が
少しでも束になって力を合わせて
なんとか社会(男性が作った)に
長い時間をかけて
立ち向かっている途中というわけ。
 
だから、
弱い男性達は、
もし自分を守って欲しいなら、

女性達のように束になって、
社会(男性が作った)に立ち向かう必要がある。

己が強者ではないことを明示してから
仲間になりたい旨を伝えなければ
物理的な外見が「強者」なのだから
仲間になりにくいよ。

これは不便だけど生まれつきの事だから
折り合いつけてベストな選択を。


 
で、大事な事実として↓

もし女性達を攻撃すれば
女性達が弱った隙に
強い男性たちが更に勢力を伸ばしてしまう。

すると弱者男性たちも
強者男性から
更に強い攻撃を受ける事になる。

これホント重要だから…。
  

ホントに、女性を叩いてる場合ではない。

この男性社会を叩いてくれい。

縦社会を叩いて
横並びを目指すまではしなくても
協調・共生(または棲み分け)による
ガチガチの縦社会(男社会)ではない、
コミュニティーの在り方を
目指すべし。

べしべし。


でも、性別がどっちであろうと
不当な暴力を振るわれない人生は
とても大切なので 
すべての個人が
「他人の権利を侵害しない」ように生きよう
とする意識は必要だわな。

こういうのを二百年とかかけて
教育していくのが
現代人の課題かと思う。


そしてこういう意識改革が
弱い男性を守ることに
ダイレクトに繋がるはずである。


よって
弱い男性を守るキャンペーンの
打ち方としては
「他人の権利を侵害するのをやめよう」
というか
「他人の権利を尊重しよう」
というスローガンを掲げて
男性デーとかを活用しつつ
二百年程、啓蒙活動するあたりになりそう。

強者側の人って
自分が強いことになかなか気付けないから
だからこそ全体的な
教育が必要なんだよね、
まあどれだけ理解できるかはさておき…。


どう?
結構良くない?




ただ、二百年も待てないので
(自殺希望者向けの安楽死を待てないのと同じ)

今すぐ現実的な手を打つ必要は
個々の弱者男性にもある。

女性は良く群れて協力して
自分達の生活を支え守る行動をしている、

それをまずはお手本にし真似するのとか
悪くないと思う。

成功例を模倣するのは
現実的だ。



少なくとも女性を叩いてる男性たちより
弱くても支え合っている男性たちの方が
圧倒的に人間としての魅力を感じるよ…

てか、
支え合える協調性のある人間が
人として魅力的なのは
群れて生きる生物として当たり前に
そう感じるは…
(例外の人もいるかもだけど。)

もし我々がクマとかだったら
支え合いだあ?馬鹿か!殺してでも奪い取る
となるところである、

しかし実際は人間だから
群れて協力してなんぼなんですね~


では、
人間の権利を尊重しながら生きましょう☆

自分も人間に含まれるので
それを押さえつつ
社会のルールというものを扱いましょう。

ああ~平和になるわ~
  


あ、
弱者である子供だった頃に
カアチャン等から受けた仕打ちが許せなくて
その怒りのエネルギーで
今でも女叩きをしている人は、

的を正しくして
カアチャンを叩くか、または
専門のカウンセラーにかかって下さひ。

楽になろう。

 





以下、長い追伸

もっと具体的に自分を救済するために… 


お金である程度の幸せは確保できるので
お金を得ましょう。
カウンセリングも受けられるし。

これが一番てっとりばやいわ。

お金があると多少なりとも余裕が生まれて
嫉妬の種類も減って
他人をあんまり攻撃しなくても良くなる。
すなはち楽になる。
 
そしてお金を稼ぐには
嫌な奴とは離れて生きることなど
精神の衛生環境を先に整える必要が
ありますし、

お金が有っても嫌な奴と生きていると
精神衛生環境が悪いままですので
ダメです。 

嫌な奴からは離れろ。
 
お金を稼ぐのは悪いことだと 
親が教えたかも知れんが 
親は先に死ぬ、
あんたの人生に責任をとってくれない、 
だから
自分が自分の人生に責任を持つために
自分の幸せな人生を確保するために
ある程度は稼ぐんじゃよ…
なにも日本一稼がんでも宜しいのだから。

お金があるのに孤独な人は
ボランティア仲間とか作ると
今よりは少しは楽しめるかも。

低所得だろうと特に借金もなく
日々の生活が成り立ってりゃ
別に問題ないと思うが、
不満があるならやはり稼いでいるのが
気も紛れるし良い趣味かなと。

借金がある人は
元手のかからない副業とか稼ぎ方を
ネットで探して今すぐ始める。
始める際にお金が要るのはだめだよ。 
既に借金があるんだから。
必ず元手ゼロ系から攻めていく。

あと、併せて行政窓口とかに相談したり。

   

そういうわけなので、

好きな人(嫌じゃない人)とだけ関わりながら
生活に充分な程度のお金を稼いでいる状態、

これを目指すんじゃ~!!

そしたらもう
自分を弱者と思わなくて
良くなるんじゃないかなあ?

嫌な奴は周りにいないし
生活できるお金はある。

あ、通勤が嫌な人は
通勤しなくて良い稼ぎ方、を攻めてね。

攻略だゲームだ
やるぞやるぞ~幸せになろう!!

(^-^)☆