男尊社会やめて皆がラクに生きられる道

無理に尊ばれようとするから無理がある社会になるので無理するのをやめないかと思って…あと来世で男に生まれたときに女を加害したくないし

女性専用車両って男性差別でも女性差別でもあるのでは?

とりあえず、

その時の全車両の中で
女性専用車両だけが僅かに空いている場合に
「自分が男でなければ乗れたのに損失だ!」
って感じるのはあると思うんだよね。

まあ、別に乗ってもいいんだけどね。
すごく乗りにくいとは思うが…

女性専用車両に自主的に隔離されに行くのも
「自分が女でなければ
わざわざこれを選んで乗らんでも済むのに」
というめんどさはある。

あと、
「ブスオバンのくせに自意識過剰」
と叩かれるオマケ付きな…
 
性犯罪者が居なければ全員が
別にどの車両にも乗れたはずなんだ。

まあ実際、
どの車両にのっても良いんだけどさ。


 

同じ料金はらってるのに
なんか自分が自分の性別で損してる感、
てのは
両者にとってあるよね。
 


そして
痴漢行為されるのは
女性に限ったことではないので
全員にとって
性犯罪者の被害に遭うのって
嫌なものだよね。

性犯罪者に限らず
犯罪者って嫌なものだよね。
 

だからさ~この際
犯罪者以外の全員が
嫌な思いしてるんだから、


犯罪者を根絶やしにすれば
良いだけなんじゃないのかえ?


そしたら女性専用車両は不必要になる。

性犯罪者を根絶やしにすることが
女性専用車両完全撤廃への
最短コースである。

なので女性専用車両に反対の皆さん
まず
性犯罪者をこの世から撲滅させましょう。

性犯罪者を無くす前に女性専用車両だけを
無くしてしまうと隔離ができなくなって
男性からしても不便になる。

隔離できる制度があるならば
自分がその電車に乗り合わせていない時でも
自分の大切な人たちの内、
少なくとも女体を持っている人なら 
少しは物理的に隔離することで守れる。

(まあ、嫌がらせ目的で乗ってくる人も
いるので完全には守れないが…)

せっかく作り上げたメリットを
代替案を用意していない状態で手放すのは
単にデメリットをうむ事になってしまう。

この(不確実ではあるが)安心感を
ただ失うのはもったいない。

この世から犯罪者が淘汰されるまでの間
他にもっと良い案が実施されない内は
継続させよう。

その間に
犯罪者を根絶やしにしよう。




いずれにせよ
そもそもでいえば、

性犯罪者が居なければ
安心して
自分の家族や親族や恋人や知人に
電車に乗って貰えます。
(性別問わず。)

電車だけの話ではありません。

トイレで盗撮されたりもしませんし
下着を盗まれたりもされません。
もちろんレイプもされません。

素晴らしい社会ですね。
ぜひ目指しましょう。

 


もし犯罪者が根絶やしにされれば
他にも良いことがあるよ。




「性犯罪する、性別が男性の個人」が
割合的に多いせいで、

自分が男体もちであるという理由だけで
女体もちから自衛されてしまう悲しみ、

これがほぼなくなります。


ほぼ、というのは
強盗なんかの被害には
体格的な条件の都合で
どうしても被害に遭いやすいので。

夜道の足音なんかにはどうしても
自衛が要るでしょう。

そりゃどんな強盗だって
自分より弱そうな人を狙うでしょうからね。

それに、被害に遭うと
「自衛が足りない」とか
「被害者にも落ち度ガー」
「その時間にその場所に居たのが悪い」
という数々の
セカンドレイプのオマケがついてくるため、

ほぼ常に自衛しないと
精神衛生上、良くないんですよ。
(このセカンドレイプは性別問わない)

好きで自衛してるわけではないので
「自衛が大変?ならやめれば?」
と煽られても
自衛をやめるわけにはいきまてん。

男体もちのみなさんも
少なからず男体もちの個体に対して
何かしらは
自衛すると思うんですけど、
(自分より力が強そうな相手とか)

女体もちの場合は人類の半分位に対して
力の面でも
性的な面でも
ターゲットになりやすいので
ほぼ常に自衛してないとならない、
これは結構だるいっすよ 

まあこのへんは、性被害に遭った事のある
男体もちさんなら
なんとなく分かって貰えそうです

だもんで
女体もちに性的に自衛されるのが
嫌な場合、
それを無くしたいと願うなら、
この世から犯罪者を根絶やしにするしか
ないというか

女性専用車両をなくす方法と同じで
それが最短コースなんですわ。


ちなみに、
自分が男体もちであるという理由だけで
犯罪者予備軍扱いされること、
自衛されることへの怒りは、

向けるなら
犯罪者の方々に向けましょう。
そいつらがいなければ、
あなたは犯罪者予備軍扱いされなくて
済んだはずなんですよ。


その怒りを犯罪者以外に向けると、
矛先が間違っていて、
無差別テロリストみたいなテイストを
はらんできます。

それはあなたにとっても
誰にとってもメリットのないこと。

もちろん、しないで済むならしてない自衛を
ほぼ常にしているその人々だって、

犯罪者が居なければ
自衛しなくて済んでたんです。














だから
性犯罪者に限らず
犯罪者をこの世から根絶やしにすることで

皆がハッピー!に
生きられるので
是非、目指しましょう。


犯罪者から身心を守る方法
(例えば女性専用車両、例えば自衛)
に腹を立てるより、

犯罪者を撲滅させるのが最短コース。



怒るなら犯罪者に怒りましょう。

でも…
怒るだけでは犯罪はなくなりません。
どうしたら人は犯罪者に転化しなくなるのか
頭をフル回転させる必要があります。


そういうことを、社会全体で
一人一人が気にすることで、
世の中の差別行為もまた
無くなっていくことでしょう。

やったね!




ちなみに…

犯罪者を撲滅させようと言ってますが
腹が減っておにぎり盗んだ、とかは
どうしても出ると思うので
そういうのは都度、
福祉で対応したいよね。 

だから犯罪者を無くすためには
福祉の力をすごくつけないとならないので
「自分だけが良ければいい」みたいな
意識から改めないとならないから
長丁場になりそうだよね~これ。

でもやっぱり
最短コースなんだよなあ。

人類滅亡するまでいがみあい続けるのと、
数百年、気合い入れて
犯罪者なくす社会を創るのと、

どっちがベター?
どっちが損する人の数、減る?
っちゅー話だしね。



ちなみにその2…

怒りを犯罪者に向けても
毎回直接殴ったり出来るわけではないし
殴ると何故か犯罪者になってしまう(?!)ので

怒りをどう扱うか、の学習も必要だよね。

多分、ほとんどの日本人は
「我慢する」以外の方法は
親から習っていないと思う。

だから嫌な親がとても多い(笑)


怒りは、怒りを何かでごまかすのではなく
怒りの元となった感情を
人に受け止めてもらうことで
初めて消える。

それ以外のごまかしの方法では
消えない。
ずっと心に残っている。一生。

瞑想とか
アロマとか
運動とか
宗教とか
開運グッズとか
認識の書き換えとかで
心の傷は消えまてん。

ごまかされて
奥へは行くかも知れませんが。


だからね…
この世から犯罪者をなくそうと思ったら
「相手の気持ちを受け止める」
というスキルを
この世の全員が身に付ける必要がある。

で、お互いにお互いの気持ちを常に
尊重しあうのがデフォルトになるから、
ハラスメントとかしてる場合じゃなくなる…

それが多分、数百年かかると思うの~