男尊社会やめて皆がラクに生きられる道

無理に尊ばれようとするから無理がある社会になるので無理するのをやめないかと思って…あと来世で男に生まれたときに女を加害したくないし

虐待されて育つは変質者に育てられるリアル

日本のみなさんお元気ですか
私は子供の頃から元気がありません
ちなみに日本にしか住んだことがない日本人ですが…


ところで
虐待されて育つという事は
まさに変質者に育てられるリアル物語
だなあと思いついたので
ここに
メモしておきますわ。

なんかもうこの、虐待されて育ってない、
自分より幸せな人に叩かれるのも
疲れたね…

いやまあいつでも親のせいで疲れてはいたのだが、
大人になったら人生が好転するのではないかと
淡い期待を胸に抱いて生き延びていたのだが

現実は虐待親という変質者に育てられたせいで
(偏執者とも言える!)
身長だけ大人サイズにのびても使ってきた脳みそは同じなものでして

「成人したら人生好転できる!」
みたいなのは無かったですね…

実際二十代半ばまで経済的虐待されてましたからね…

私の知人はズルズルと通帳握られたまま今でも虐待がつづいていますよ

まあこれが美しい国日本の現実ですは…

「なぜ虐待されっぱなしになっているのか?」
と幸せな人は思うんだろうけど
説明すんのもだるいね…

なんかね、
「幸せの形は似たり寄ったりだけど
不幸の形は千差万別」、
みたいなことわざみたいのあるじゃん、
それですは。

幸せな人には知り得ぬ、
ありとあらゆる不幸がこの世には確実にあって
それを子供の頃から親によってやられ続けている人たちが居るんですよ…

これは、やられてみないと分からないんでね~

まあ虐待のされ方も千差万別なので
例えば他に兄弟が居て
その子がスケープゴートになってくれれば
自分は生き残れたり、
そのスケープゴートが死んだら次は自分がスケープゴートになったり。
あれ?
バッドエンドになってしもうた…


多分、
そこそこの容姿偏差値はあって
親を見捨てることが出来て
恋人作って家から脱出!

これができると、
結構人生持ち直せる確率が上がる

そこでさらに
その恋人がハラスメントしない神のような人でありかつ、
acの治療がな上手い治療者と出会えた場合、

ほぼ持ち直せると思われる。




自分は体験してないので知らんけど、
ネットで人様の観察をしていると
どうもそんなかんじ。

これを
参考にしてとは言えないが…

何せ容姿偏差値がはじめに条件にあるから…

しかも憐憫で支配してくるゴミ親だと
ただの罪悪感よりたちが悪いよね、
見捨てられなくなるから
親を捨てて逃げるのがとても難しくなる

心が優しい子が
最も攻撃対象になりやすいからね…
あたりまえだよね
自分より弱そうな奴を虐めるだろう
人間は

同じ人間とも思いたくないゴミ親だったな…

まあまだ生きてるんだけど。
憎まれっ子世にはばかる。

 
治療代と交通費返せゴミ親
慰謝料より先に実費を寄越せ



  







多分幸せに育てられた幸せぱ~な頭の人は
子供時代に培った経験とスキルでもって
大人になってからは自分の力で人生を切り開いていくもの、それは当然誰でも出来ること、
と信じているのだろうなあ…


今まで踏みつぶして殺したアリンコの数が分からないように
そうやって多くのサバイバーの心を踏みにじりつぶし殺して来たのであろう、
罪も汚れも知らないような瞳をして!!!




ああ~


あと、別に幸せぱ~な人だけじゃないよね、
叩いてくるのは。

自分より少しでも弱そうな奴を叩き潰して這い上がるのが縦社会日本のお家芸


毒親育ちが多すぎるから
攻撃的な人間が多すぎになる、
仕方ない事ではある



私もなるべく自分より幸せそうな人を叩かないように注意しながら生きてる…
出来ているかは自信がない…

取りあえず、自分より好条件で育った人を妬ましくは凄く思ってしまうね~、

思っても疲れるだけだし意味ないどころか害なんだけど、
不思議なもので
感情とは勝手に沸いてくるんですねえ


ははは


多分バレンタインデーに自殺した知人のことを
今頃になると毎年思い出す

その子は一人っ子で偏執者からの
集中砲火うけてた、
助かるために死んだ
 
生きてとは言えなかった
死なないでとは言えなかった

死にたいは生きたいではありません、
生きたら生きたまま焼かれ続けてしまいます

生きてはおられなかったのです



私は助けられませんでした
同様に
私は私のことも助けられませんでした

努力はしました
努力がたりないだとか甘えだとか言える人は
恐らく
死んだ方がましと思うほどの努力をしたことがない甘え

死にたさを盾にしていると言える人は
己の無力さを受け止められない弱い人

死にたい は 死にたいほど辛い
です、
生きたいのではありません

「死にたい」と聞いたら
辛さを受けとめてあげて欲しい、
死にたさをはぐらかさないで欲しい

辛い、と言っている人に
「それは生きたいんだ」
と言っても会話が成立しませんよね…

生命体として生きたいのは当たり前であり既に実行しています。

首を絞められれば痛みや酸素不足による苦しみであらがいます。当たり前です。
それを「そらみたことか、お前は本当は生きたいんだ!!!!」
とドヤりたいのでしょうか…

やめて下さい、
人間なので、苦しめられるのは好きではありません。

死にたいは苦しみたいでもありません






この世に生きながら
どうして変質者から逃れられましょう

地球は丸く、何処へ逃げても逃げ切れません



不幸は千差万別ですから比べても仕方がないのも
頭では分かります


幸せを目指すのもまた難しいと思う。

何処を目指したらいいのか未体験だから分からない、

何となく検討つけても孤立無援でダメージ受けながら苦しんでるのにどうやってこれ以上頑張れば?

何かうまくいくとその後ひどい目に遭わされる気がして恐ろしくて行動とれない
生きるのは恐怖の連続
自衛もしてもしてもしきれない…


と、相談できる相手もいない状況に
追い詰められて辛うじて生き延びているのが
サバイバーのリアルなのでは。



それでももし日本が
辛さを受け止めあえる社会になれば
現実は変わるでしょう

変質者も減るはずです。
偏執しなくても良くなるからです。



「死にたい」とは何なのかについて
日本で一番説明上手いんじゃないか
と思ったページを置いておきます
http://d.hatena.ne.jp/pureman/touch/20090807/1249705812