読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自殺は負けみたいな考えなんなの?

自殺・自死安楽死、呼び方はなんでもいいが、死んだら負けみたいな考え方の貧しさに愕然とする。

二極化すると、分別が楽になるから、思考の手間が省けるので、癖になりがちなのは分かる。特に、余裕のない生き方をしていればなおのことだろう。

だが、世界は曖昧さの中で成り立っているのだから
曖昧である事が普通の状態なんだ。
いちいち勝ちとか負けとか、ジャッジしなくていいよ。
大丈夫。
そんな疲れる生き方を選ばなくても大丈夫。

余裕のたっぷりあるときだけ、余興ですれば良いもの。
とは言え、学校などの施設で何年もかけて、競争することを叩き込まれながら体も精神も出来上がっていくのだから、骨まで染み込んだ生き方になっているとは思うが。



それにだ…勝手に私の親族や私の知人たちを、負けたことにしないで頂きたいよ。

みんなみんな、ギリギリまで戦ったのだ。
私たち生き延びている者が生き延びていられないほどの重荷を、独りで背負っていたのだ。

私たちの目ではとらえられなかったが。


そして私は彼らを助けられなかった。
これが事実である。

どうしても勝ち負けで表現するならば
敗者は、私たち生き残った者の方だろう。



二極化して勝ち負けで考えさせれば自殺を思いとどまるだろうと期待する、あんまり深く考えない己と同じようにあんまり深く相手も考えないだろうと考えて、相手を安易に操ろうと画策する人の言葉でもあるのかな…

その人の苦しみを背負うつもりもなく、実際に肩代わりする事も出来ない分際で。



近しい人に死なれたり、自殺を生活圏でされて寝付きが悪くなるのを避けるために、自分のために自殺をされないで済ませないかと考えているのだろうが、
そんなに死を恐れなくて良いのにとも思う。

自殺したら地獄に堕ちるとか
地縛霊になるとか
家系を祟るとかまあ、
物凄い妄想ストーリー作ってそれがそこそこ支持され続けてるみたいだけど、
自分の頭で一回ちゃんと考えてくれよ。
 
地獄のような人生だったから、少しでもマシな状況を求めてその結果自殺したんだよ。

その人は自分で自分を助けようとしたんだ。
誰も助けてくれない事を思い知った人生で、ネガティブな感情を味わい尽くして最後に自分で自分を助けた。
自分の人生に自分で責任を取ったんだ。


ちなみに私は自分の死骸であんまり迷惑かけたくないので、火葬まで迅速に事後処理してくれる安楽死施設のサービス開始を待っている。

当てこすりで自殺した人だって、自分でやりたいことを決めてやりたいことを実行したのだ。

恐れなくて良いよ。

あんたも私も必ず死ぬんだし。

死ぬことは勝ちとか負けではない。
産まれたことそれ自体も勝ちでも負けでもない。

どういう死に方をしたのか?も勝ちとか負けとかではない。

殺されて死ぬのは負けか?
戦争で死ぬのは負けか?
バンジージャンプしたら縄が切れて死ぬのは?
事故に巻き込まれるのは?

虐待されて死ぬのは負けか?
老いて心臓発作で死ぬのは?
何かのきっかけでチューブだらけの寝たきりになって、そして生命維持装置を外された老若男女は?

生まれて3日で死ぬのは?
産まれる前に死ぬのは?
自分で死ぬのは?

僧が即身仏になるのは?
生け贄で殺されるのは?

全てを、ジャッジできるのか?
全てを、ジャッジするつもりなのか?

そこには人の数だけ、様々な死に方があるだけだ。




でも、私は自殺に成功した知人のことを思い出すと、泣ける。もう何年たった? でも、泣ける。

揺るぎない事実として、
前日会話をした私は、会話できる程度には距離が近かったのにも関わらず
助けられなかった。

ごめんなさい

でも、「泣く人がいるだろうから自殺をやめなさい」とも無責任に言えない。なぜなら、それでは当人の心を助けられないから。

負けだぞ、と脅すのも違う。
泣く人がいるぞ苦しめるつもりか、と脅すのも違う。

勝手に死ね煩わしい迷惑だ、と突き放すのもしっくりこない。

生きてとも無責任に言えず、
死になとも言いたくない。